プラークコントロール

プラーク・コントロール(歯垢除去)

口腔ケアの基本は、歯垢(プラーク)を取り除くことです。歯ブラシを使ったブラッシングによるプラーク・コントロール(歯垢除去)が一般的ですが、歯ブラシだけでは、歯と歯の間や、歯と歯茎の境目、歯並びの悪い部分、ブリッジの周辺まできれいにすることは困難です。どうしても、そういった部分に歯垢がたまりやすくなります。

 

歯垢がたまるとニオイを放ちます。放置しておくと虫歯や歯周病を引き起こしてしまいます。そうなると、もっと口臭が強くなってしまいますね。

 

では、どうすれば、しっかりとプラーク・コントロールができるかというと、歯間クリーナーを併用すればよいのです。

 

歯ブラシと歯間クリーナーを併用

プラーク・コントロールには、歯ブラシだけでなく、歯間クリーナー(デンタルフロス・歯間ブラシ)をあわせて使うことが大切です。歯間クリーナーを併用することで歯垢除去率がどれだけアップするかについて、次のようなデータがあります。

 

【歯ブラシと歯間クリーナーとの組み合わせによる歯間部の歯垢除去率】

 

歯間部の歯垢(プラーク)除去率

歯ブラシのみ

58%

歯ブラシ+デンタルフロス

86%

歯ブラシ+歯間ブラシ

95%

(山本昇他日本歯周病学会誌1975より)

 

このように歯間クリーナーを使うことによって歯垢除去率が高まるのですが、裏返せば、歯ブラシだけの歯磨きでは歯垢を落とすことができず、毎日、かなりの割合でたまっているということですね。だからこそ、歯間クリーナーの併用が大切なのです。

 

歯間クリーナーの使用は歯科医の指導のもとで

ただ、デンタルフロスや歯間ブラシは種類がいくつかあるし、それを使ったケアの頻度についても、1日1回とか、1週間に1回で十分とか、いろいろ言われます。どれを使って、どのようにケアすればよいのか迷うところですね。

 

しかし結局それは、あなたの歯や歯茎の状態によるのです。あなたの歯並びにあった歯間クリーナーを使うことが必要ですし、使用頻度についても人それぞれ違うものなのです。ですから歯間クリーナーについては、一度、歯科医に相談して指導を受けることをおすすめします。

 

デンタルフロス

デンタルフロスは糸ようじとも呼ばれ、ナイロンや絹でできた糸を歯と歯の間に通し、歯垢や食べかすをとるものです。

歯間ブラシ

歯間ブラシは、針金の先に円錐形や円柱形の小さなブラシが付いたもので、ブリッジなど汚れを落としにくい部分のケアに役立ちます。