病気が原因の口臭

病気が心配される口臭

内臓の病気が原因で発生する口臭もあります。自分の口臭がおかしいと感じたら専門医に相談しましょう。口臭の原因となる内臓の病気には次のようなものが考えられます。

胃腸の病気

口臭の原因の中で歯周病に並んで多いのが胃腸の病気です。胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などがあげられます。

 

胃腸病が原因の口臭発生の仕組み

こうした胃腸病にかかると次のような仕組みから口臭が発生します。胃腸の弱い人は硫黄臭がします。

消化不良

消化不良を起こしやすくなり、食べたものが胃の中に停滞し、異常発酵します。発生したニオイ物質は腸管から吸収され、血流に乗って肺から排泄されます。こうして、卵の腐ったようなニオイの口臭が出るのです。

腸内の細菌バランスの崩れ

腸の働きが低下したり、腸内に疾患がある場合には、腸内の細菌バランスが崩れ、悪玉菌が増加してニオイ物質を発生させます。

 

胃腸病の原因

胃腸の病気を引き起こす最大の原因はストレスと言われています。その他にも、睡眠不足、暴飲暴食、偏食、動物性脂肪とタンパク質の過剰摂取、便秘なども胃腸の病気を引き起こす原因とされています。

肝臓の病気

肝臓の働きが正常な場合には、ニオイ物質は分解され、病的な口臭は発生しません。ところが肝臓の働きが低下すると、分解しきれないニオイ物質が血流に乗って全身をめぐり、口臭や体臭となって出てくるのです。

 

肝臓に問題がある場合の口臭はアンモニア臭やネズミ臭と言われ、口の中が苦くなる特徴があります。重症になると、カビ臭腐卵臭とニンニクの混ざったニオイがすると言われています。

 

なぜアンモニア臭がするかというと、食事から摂ったタンパク質が分解されるとアンモニアが体内で発生します。アンモニアは体にとって有害なため、肝臓で尿素に解毒され、体外に排出されます。この肝臓内でアンモニアを尿素に分解する代謝回路のことをオルニチンサイクルと呼びます。ところが肝機能が低下すると、オルニチンサイクルの働きが鈍り、アンモニアを尿素に解毒できず、血液中のアンモニア量が増えます。その結果、口臭や体臭がアンモニア臭となるのです。

糖尿病

糖尿病になると唾液の分泌が低下し、口の中の乾きを感じるようになります。唾液には口の中をいろいろな菌から守る働きがありますが、その唾液の分泌が少なくなると歯周病の原因となる菌などが増殖し、口臭が強くなります。糖尿病の人は歯周病になりやすいと言われる背景には、こうした事情があると考えられます。

 

また、糖尿病になるとインシュリンが不足して糖の分解が進まなくなり、その代わりに体脂肪を燃焼してエネルギーを作り出そうとします。その際、ケトン体という強いニオイ物質が発生し、血流に乗って全身に送られ、甘酸っぱい口臭や体臭を発生させます。果物臭とかフルーティーな臭いがします。

その他(呼吸器系の疾患や鼻炎など)

気管支炎や肺炎など呼吸器系の病気、蓄膿症やアレルギー性鼻炎、扁桃腺炎などの病気にかかっている場合にも強い口臭が発生します。これは、肺や気管支、鼻や喉など、炎症を起こしている部分の皮膚組織がただれたり、化膿で菌が増殖したりしているためです。生臭い肉の腐ったような独特のニオイを放ち、呼気とともに出てきます。