口臭 歯垢

歯垢は細菌のかたまり

唾液には口臭を発生させにくくする働きがあることをお話ししましたが、それでは、お口のニオイの元は何なのでしょうか?

 

それは主には、歯垢(プラーク)舌苔(ぜったい)という細菌のかたまりです。ここでは歯垢についてご説明します。

舌苔についてはこちら

 

歯垢というのは、歯の表面に付着する白くて柔らかい沈着物で、口の中の食べかすをエサにして増殖した細菌のかたまりです。歯を爪で引っかくと白くてネバネバしたものがついてきますね。ちょっと変な臭いがします。これが歯垢(プラーク)です。歯垢は食べかすではなくて細菌の塊です。

1mgの歯垢にはおよそ300種類、数億〜10億個もの細菌が棲みついていると言われています。細菌が食物に含まれる糖分を栄養にして増殖し、ネバネバした物質をつくり出し、歯の表面に付着するのです。

 

歯磨きをせずに歯垢を放置しておくと、歯垢が唾液に含まれるカルシウムを吸着して石灰化し硬くなります。これが歯石です。歯垢はおよそ2日間で歯石に変わると言われています。歯石は表面がザラザラしているので、さらに歯垢がたまりやすくなり悪循環をもたらします。歯石は普段のブラッシングでは取ることができないので、歯石に変わる前に歯垢の段階で落としておくことが大切です。

 

この歯垢や歯石が虫歯歯周病の原因となります。虫歯や歯周病になれば、さらに強い口臭を発するようになります。その意味で歯垢(プラーク)が口臭の元凶と言えるでしょう。

 

どんなに丁寧に歯磨きしても、年齢とともに歯垢や歯石はつきやすくなるものです。しかも歯石は普段の歯磨きでは取ることができません。ですから定期的に歯科医院で歯垢や歯石を取ってもらうことが、虫歯や歯周病の予防にも口臭予防にも不可欠です。

虫歯と口臭

食後、歯を磨かないままでいると、口の中の細菌が食べかすを栄養にして酸を発生させます。この酸が歯を溶かして虫歯(う蝕(うしょく)になります。虫歯の穴に歯垢や食べかすが詰まると、普段の歯磨きでは取り除くことはできません。そうすると細菌が繁殖して口臭が発生します。

 

また、歯にかぶせた「かぶせ物」が古くなって隙間ができると、そこに食べかすが詰まって虫歯や歯周病を引き起こすことがあります。このようなケースでは、歯の神経を抜いているので痛みを感じず、虫歯になっていても気づきにくい場合が多くいものです。知らぬ間に詰め物の中で歯が腐食し、歯肉にも炎症が起きて歯周病になって、かなり強い臭いをともなう場合が多いので注意が必要です。

歯周病と口臭

歯周病は、周りの人にとっては強烈な口臭となります。しかし不思議なことに本人はあまり臭いを感じないのですね。ずっと口臭を出しているので本人は感覚が麻痺してしまい、自分の口臭を自覚できなくなっているからだと言われています。

 

歯周病は、歯周病菌という細菌により引き起こされます。その細菌を媒介するのが歯垢(プラーク)と歯石です。 ですから歯に歯垢がついたまま放置しないことが大切です。

 

強烈な口臭の原因は歯周病の可能性が高い

義歯と口臭

義歯(入れ歯)も日々のお手入れが大切です。お手入れを怠ると臭いの原因となります。特にプラスチックなど樹脂製の義歯は、長期間使用すると変形したり、変色したり、唾液やその他の成分が浸透して胃臭が発生する場合があります。臭いが強く、気になる場合には、再製するか、もしくはセラミック製のものに交換することをおすすめします。