歯茎 ブヨブヨ 臭う

ブヨブヨの歯茎は歯周病

歯茎がブヨブヨするのは多くの場合、歯周病が疑われます。歯周病は口臭の中でも強い臭いの要因です。

 

しかも、程度の差はありますが、加齢とともに多くの方が歯周病になります。歯周病は、歯と歯茎にたまった歯垢が原因ですが、加齢とともに免疫力が低下することも要因としてあります。なので、歯垢をきれいに除去すること、免疫力を高めることが大切です。

 

歯周病というのは骨の病気で、放置しておくと大切な歯を失ってしまうことになりかねません。ですから、早めに歯科医で治療することをおすすめします。

自分でできる歯周病・口臭ケア

ただ、歯科医へ行くほどでもなく、まずは自分でケアできることをやってみようという場合には、毎日の歯磨きなどでケアする方法もあります。

 

唾液の分泌を促す

1つは、唾液の分泌を意識して促すことです。厚生労働省の調査でも、80%以上の方が、口の中に何らかのトラブルを抱えているとされています。それは、加齢にともなって唾液の分泌量が減り、口の中で菌が繁殖しやすい環境になるからです。唾液には殺菌作用があります。ですから、唾液の分泌を促すことで、口の中のトラブルや口臭を抑制することができるのです。

唾液の分泌を促す方法はこちら

 

毎日の歯茎ケア

言うまでもないことですが、歯と歯茎に歯垢がたまり、そこに菌が繁殖して歯周病へと進行していきます。ですから、毎日の歯磨きがポイントです。その際に歯の磨き方もさることながら、歯磨き粉選びが大切です。

 

市販の多くの歯磨き粉の中には、合成界面活性剤が入っていたり、ピリッとする成分が入っています。泡立ちもよく、歯磨きの後もスッキリ感があって、“歯を磨いた” という気分にはなれますが、そういった歯磨き粉は、あまりおすすめできません。泡立ちや成分で臭いをごまかすのでなく、しっかりと磨ける歯磨き粉を選ぶことが大切です。

 

私もいろいろ試してみました。生薬配合のものも試してみました。そのなかで私が一番良かったと感じて今も使っているのが、なたまめ歯磨き粉です。「なたまめ」というのは、古くから「膿取り豆」とされ民間薬として使われてきたそうですが、やはり先人の知恵ですね。私の個人的な感想ですが、実際に使ってみても効果が感じられます。

「なたまめ」の効果・効能

 

刺激がない優しい歯磨き粉で、磨いた後はスッキリ。そのスッキリ感が持続します。口の中が乾いてネバネバしていた感じもなくなりました。口臭を気にすることもなくなりました。一度試してみる価値はあると思います。

 

おすすめの「なたまめ」歯磨きはこちら