歯周病と口臭

歯周病の原因と発症の仕組み

「口臭が気になるなら歯周病を疑え」とよく言われるように、歯周病は強い口臭を発生させる一番の原因です。ここでは、歯周病の原因と発症の仕組み、歯周病と口臭の関係についてご説明しましょう。

 

歯周病は、以前は「歯槽膿漏」とよばれていました。歯槽膿漏とは歯茎(歯肉)から膿(うみ)の出る歯周病の一症状を表しています。その他にもさまざまな症状があることから、今では「歯周病」と呼ぶようになっています。

 

歯周病の原因は加齢による免疫力の低下

虫歯(う蝕)は、比較的小児期にかかりやすいものですが、歯さえあればだいたいどの年齢でもかかると考えてよいでしょう。それに対して歯周病は、一般的に男女を問わず30代後半くらいから発症しやすいと言われています。それは免疫力の低下が原因です。

 

免疫力は20代をピークに加齢とともに急激に低下していきます。しかし免疫力の低下は自覚されることがありません。一方、歯茎は顕著に年齢が現れる場所とされています。なので、歯周病は知らず知らずのうちに進行するのです。歯周病は初期段階では痛みを感じないからです。

 

そのため中年期以降の方だと、程度の差こそあれ半数以上の方が歯周病になっていると言われています。歯がグラグラして、見た目にも歯周病が明らかになってからでは、歯を抜かなければならなくなってしまいます。ですから歯周病は、予防や早期発見・早期治療がとても大切です。

 

歯周病発症の仕組み

歯周病になると、歯と歯肉の間に歯周ポケットが形成されます。歯周ポケットというのは歯と歯肉の間にできる隙間です。健康な人の歯と歯肉はピッタリとくっついていますが、歯周病になるとポケット(隙間)ができ、それがだんだん深くなってきます。その深いところにまで、歯垢や歯石がたまっていくのです。

 

その歯垢や歯石に住みついた歯周病菌が、歯肉や歯槽骨(顎骨のなかで歯を支えている部分)など歯周組織を破壊します。このことから歯周病は本質的には、歯と歯茎を支える骨の病気とされています。

 

歯周組織が破壊されると、歯茎の色が健康なきれいなピンク色から赤色や紫色を帯びた暗い色に変色し、歯磨き時のブラッシングなどの軽い刺激で出血するようになります。ですから、歯磨きの時に少しでも出血が見られるようなら、歯周組織に何らかの異常があると考えてよいでしょう。

 

歯周病の進行は、大きく次のような3つの段階に分けることができます。

  1. 歯周病菌に感染すると、まず歯肉が炎症を起こし、歯肉が腫れたり、出血したりします。この段階を歯肉炎と言います。
  2. さらに進行すると、歯の周りの組織まで炎症が広がります。これが歯周炎と呼ばれる段階です。
  3. そして最終的には、歯槽骨と呼ばれるあごの骨が溶けだし、歯がぐらつくようになります。この状態になると治療は困難を極め、歯を失うことになりかねません。

 

歯周病と口臭

歯周病は、歯槽膿漏とも呼ばれるように、進行すると膿が溜まり悪臭を放つようになります。歯周ポケットが4ミリ以上の深さになると、強烈な口臭の原因となるメチルメルカプタンなどの揮発性硫化物を多く発生するようになると言われています。メチルメルカプタンは腐った玉ねぎのような臭いが特徴です。

 

口臭の主なニオイ物質は、このメチルメルカプタンや硫化水素などの揮発性硫黄化合物ですが、特にこのメチルメルカプタンは臭いが強いとされています。

 

そのため、口臭が強い人は歯周病を疑ってみる必要があると言われているのです。

歯周病チェックリスト

歯周病かどうかを判断するセルフチェックリストをあげておきます。

  1. 歯茎が赤くブヨブヨしている
  2. 歯磨きの時に血が出ることがある
  3. 歯の表面を爪でこすると白い物(プラーク・歯垢))がつく
  4. 周りの人から口が臭いと言われたことがある
  5. 硬いものが食べにくくなってきた
  6. 歯がぐらつく
  7. 歯が長くなった気がする
  8. 歯を磨かない日がある
  9. ここ数年、歯医者へ行っていない
  10. 糖尿病にかかっている

ここにあげた項目のうち3つ以上当てはまるようなら歯周病の疑いがあります。一度、歯科医へ行くことをおすすめします。

糖尿病にかかっている方は細菌に抵抗する力が弱く、健康な人より歯周病にかかりやすいとされています。内科治療で歯周病のリスクは軽減されますが、歯科での予防・治療も大切です。